洋食とキャンドル 小樽Muse(みゅーず)

About Muse〜小樽みゅーず お店のご紹介


〜あかりの灯る港町・小樽〜 キャンドルの灯りの中で、小樽らしい雰囲気と素材を生かしたおいしい自家製料理、それに素敵な音楽をたっぷりと味わっていただきたい…という思いで生まれたのが「小樽Muse(みゅーず)」です。



●イラストについて
夜の小樽の街にはロマンチックな街灯がともって、とても素敵な雰囲気を醸しています。画家ヴァン・ゴッホの名作「夜のカフェテラス」の絵が大好きで、いつかあの絵のようなカフェレストランを開いてみたいというのが夫婦の夢でした。Museを「小樽の夜のカフェテラス」として描いてみたものを、トレードマークにしてみました。

●Muse(みゅーず)とは
 Museとは、ギリシャ神話に登場する9人姉妹の女神(the ninemuses)のことで、芸術や学問を司る神とされます。一般的には音楽の女神として知られますが、音楽だけでなく、カリオペ(叙事詩)、クレイオ(歴史)、メルポネベ(悲劇)、エウテルベ(抒情詩)、エラト(恋愛詩)、テルブシコラ(舞踏)、ウラニア(天文、占星)、タレイア(喜劇)、ポリュヒュムニア(音楽と幾何学)など、人間の知的な活動に関するすべてを司る神とされ、「music」や「musical」、また女神たちの神殿である「museum(ミュージアム)」の語源にもなったと言われています。英語では「物思いにふける」「つくづく考える」などの意味を含み、ギリシャ語では「Musa(ムーサ)」と言います。

 Museという名のもとで、より芸術性に満ちた、クリエイティブな仕事に取り組んでいきたいというスタッフの思いがこめられています。



ロゴマークの『M』の文字デザインには、ピアノの鍵盤と、キャンドルのチャンクブロックのイメージが入っています。


●設立 2008年11月  ●開店 2009年1月


 


スタッフ紹介


◆米澤 秀司 Shuji Yonezawa
趣味…音楽鑑賞、スポーツ鑑賞(格闘技、野球、競艇ほか) 好きな食べ物…寿司、ラーメン、ハンバーグ
自称「和菓子研究家」「昭和レトロ愛好家」「秘境マニア」
●厨房担当(調理師、野菜コーディネーター)※1999年〜2008年 洞爺湖「しずく」厨房責任者

◆米澤 純 Jun Yonezawa
趣味…雑貨・小物&骨董品さがし 音楽鑑賞、家やリビングづくりを考えること 好きな食べ物…えび、パスタ、炊きたてご
はん 嫌いな食べ物…柿、すいか
店内コーディネート、ホール担当 & Candle Studio Jun's Light

◆サポーティングスタッフ…K太郎さん&坂間さん&なつみちゃん


special thanks
◆米澤 柊太 Shuta Yonezawa
趣味…料理 釣り   好きな食べ物…ハンバーグ、カツカレー、焼肉、餃子
得意料理…麻婆豆腐、餃子
●島根県立隠岐島前高校へ「島留学」。部活は「ひとつなぎ部」で健闘中。

米澤 すみれ Sumire Yonezawa 愛称:すーちゃん
趣味…ピアノ、あやとり、折り紙


◆手乗り文鳥…「ココ」(ゴマ塩桜文鳥 6歳) 
   


(小樽商科大学 写真部より提供)


   

(イラスト 古知屋恵子)        (看板製作 佐藤友保)