30909


小樽Muse(みゅーず)スタッフの日記です。







    




ランチメニュー 「スパゲッティナポリタン」「特製洋風海老チリ」「後志産極上豚ロースカツ 和風ドレッシング仕立て」「ブラジル梅沢農園の有機ペッパーバーグステーキ」「熟成煮込みハンバーグステーキ」「デミグラス チーズオムライス」「海老オム」「Museコンボプレート(煮込みハンバーグステーキ&オムライス)「小海老フライ&煮込みハンバーグステーキ」「バジル&チーズ風味のハンバーグステーキ」

【期間限定】「雪あかりディナーコース」2月11日(土)〜18日(土)まで











2023/01/25
おかげさまで14周年(だんな)
 早いもので、昨日、24日で当店もオープン14周年となりました。
 こんな節目のときに必ずいつも思い出すのは、店の工事をしていた時のこと。工事前は、なにもない、ただフロアがあるだけのスペースでしたが、壁を作り、厨房を作り、トイレも設置して、排水工事から外の看板まですべて業者に頼まず日曜大工でやりました。が、さすがに一人で全部は厳しいだろうと、洞爺時代にお世話になった大工のNさんが何度も応援に駆けつけてくださり、ド素人がやった造作部分を、すべてプロ仕様に仕上げてくださいました。工事が終わって、Nさんに作業賃をお支払いしようとすると「俺が暇つぶしにやったことだから、交通費だけでいい」と、妻とふたりで話してもどうしても受け取ってくれませんでした。高齢だったNさんとは、その時が最後の別れとなってしまいましたが、今でもこの節目の日には、天国のNさんに「あのときはありがとう!頑張ってるよ!」と言います。数々の出会いがあったお陰で、今の僕らが支えられているわけですが、お世話になった、たくさんの忘れ難き常連さんとの、悲しい別れも経験しました。「あっという間だった」とは一言でいえない思いを、この節目の日には時系列で思い出したりしています。

 14年前の自分の料理、その技術を振り返ると、今となっては本当に恥ずかしいし、よくあんな、よくわかってなくて店をやろうと思ったな、と思いますが、ある時を境に、「昨日の自分よりレベルアップする」をモットーに、日々頑張っています。15年目を迎えて、お客様に信頼してもらえる店になれるよう、ますます頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


キーワード



このページ222




[HOME]