21258


小樽Muse(みゅーず)スタッフの日記です。







    




ランチメニュー 「本日のスパゲッティ」「特製洋風海老チリ」「後志産極上豚ロースカツ 和風ドレッシング仕立て」「ブラジル梅沢農園の有機ペッパーバーグステーキ」「熟成煮込みハンバーグステーキ」「デミグラス チーズオムライス」「海老オム」「Museコンボプレート(煮込みハンバーグステーキ&オムライス)

●Jun's Light Candles 大丸札幌店にて個展開催 12月9日〜15日 7階ライフスタイルスペースにて

★クリスマスディナーコース ご予約承り中 【期間限定 12月18日〜25日】

★クリスマスオードブルご予約承り中 こちら(https://otarumuse.thebase.in/)にて!


2020/11/24
「Go to」 札幌は除外へ (だんな)
 政府のGo Toトラベルキャンペーン、札幌は3週間ほど除外されることとなりました。旅行者など、このキャンペーンを積極的に利用している人たちはともかく、一般の多くの人にとっては、「Go Toって騒いでるけど、一体なんなのかよくわかってないんだよね」との声も多く聞かれます。僕らのように、このキャンペーンの対象店として登録したところには、とても大きなメリットがあった一方で、こういうクーポンや割引サービスみたいなものに興味のない方々にとっては、なんの騒ぎだかまったく蚊帳の外、といった感じだと思います。

 コロナ禍での経済活性化事業として創設されたのに、逆にコロナが蔓延して中止せざるを得ないとは、「コロナと共存する生活」というのが、いかに難題かを突き付けられた気がします。

 札幌の除外が決まって、小樽にどのような影響がくるのかはわかりませんが、キャンペーンに大いに助けられていた僕らのような店にとっては、どんな流れが待っているんだろうと、不安にもなります。
 いよいよ今年も残すところ一か月ちょっと。未曾有の年となったこの一年を、どんな風に締めくくれるのか、今のところは全く読めませんが、これまで通りに、ひとつひとつしっかりと頑張っていきたいと思います。
 
 


2020/11/16
オートレースで森選手が優勝(だんな)
 札幌を中心に道内全体でコロナが急拡大している中、「Go To Eat」や地元の「まるごと小樽プレミアム付き商品券」の効果で、店はずっと忙しい毎日が続いています。先日募集をかけたアルバイトさんの方も早々に決まり、たくさんの覚えるべき仕事があって大変だと思いますが、その都度メモをとりながら、早くも店の顔となって頑張ってくれています。

 先日、オートレースで元SMAPの森選手が見事、SG(スペシャルグレード)の全日本選手権を優勝しました。僕は賭け事はまったくやりませんが、ボートレース(競艇)に友人がいることもあって、公営競技の知り合いも多く、オートもよく観ていました。森選手はずっと最高ランクのS級にいる「グッドレーサー」でしたが、今回のSGの決勝で戦った相手たちというのは、おそらく、失礼覚悟でいえば、森選手が100回戦っても一度も勝てないぐらい強い人たちが含まれていました。今回、強運の女神が舞い降りて、森選手の前を走っていたオート界ビッグ3のうちの二人が大競りの末に落車。ただ、あのメンバーで3位の位置を走っていたのは凄いし、運を味方につけて、狙いすましてトップの座に踊り出たのは、まさに実力そのもの。多くの国民を落胆させたSMAPの解散劇があっても、ファンに、グループがまだ残り続けている喜びを伝えたし、オート界にも、世間の目を向けさせる大きな力を与えました。

 「夢はかならず叶う」なら、僕もなにか「夢」をもって、それに向かって努力していきたいなと、今さらになって思っているところです。


2020/11/06
コロナが広がる道内(だんな)
 Go To eat/トラベル効果でここ数週間は忙しい毎日が続いていましたが、ここへ来てそのGo Toの弊害というべきか、札幌を中心にコロナの感染者が激増していて、警戒ステージも「3」に引き上げられるみたいです。春の緊急事態宣言の頃の倍にも及ぶ感染が連日確認されていて、さすがに小樽の街も静けさに包まれている感じです。

 当店も先日、小樽市の「がんばる補助金」というのを活用して、オゾン・リフレッシャーという空気清浄機を導入しました。オゾンの空間噴霧により、塩素の約6倍という強い殺菌力で、コロナやインフルエンザの菌を死滅させます。補助金が出るとはいえ結構な金額で購入しましたので、お客様の安心安全のためにフル稼働させていきたいと思います。

 なお、「Go To トラベル」の「地域共通クーポン」の方、無事に登録が完了しまして、当店でお使いいただけるようになりました。また、小樽市が11月4日から発行している「まるごと小樽 プレミアム付き商品券」もお使いいただけますし、11月10日から発行される「Go To Eatoお食事券」もご利用可能となっております。これに加えて、飲食店組合の出しているクーポン券もあったりして、頭の中は完全に混乱しておりますが、なんとか対応していきたいと思います。

 さて、アメリカの大統領選挙の方、いよいよ結果が出る瞬間が近づいてきました。当店でもコンサートを開催した、ニューヨークのシンガーソングライター/ピアニストのフランク・ウェバーさんとも連日電話で、その動向について話をしていますが、トランプ氏のあの人を食ったような態度、話し方、モラルも品位もない考え方には、この4年間ずっと、腹立たしさをはるかに超えて、あきらめに近い思いになっていました。日本人の中にも、中国に対する抑止力や、一部の政策への評価をする人もいますが、なによりもその人格、人に信頼され、信用される人柄というのが大事だと思うし、無責任な人間がどんないいことをしたところで、何の評価にもならないと思います。バイデン氏に敗れれば、きっといつまでも負け犬の遠吠えを盗人猛々しく続けることでしょうが、未来ある健全なる若者、少年少女たちのためにも、早く荷物をまとめて故郷に帰ってほしいと思います。


2020/10/23
ランチタイムのアルバイト急募(だんな)
 12月9日から15日まで、大丸札幌店 7階ライフスタイルステージにて、妻のJun's Lightキャンドル展が開催されます。もちろん今回も、アクセサリー作家の宮平 桐さんとのコラボレーションとなりますが、なんと大丸では今回が最後の展示会となります。
 道内に様々なジャンルの作家・アーティストがいる中で、妻は2003年の大丸開業年からずっと連続で個展を開催してきた唯一の存在だし、桐さんは大丸におけるアクセサリー官界ではまさにエースといえる存在。そんな二人がさらなる一歩を目指して大丸を「卒業」するにあたって、大丸側もこれまでの「暮らしの彩り」コーナーではなく、7階エスカレーター正面の大きなスペースを用意して、その船出に花を添えようとしてくれるみたいで、本当にありがたいです。妻にとっては、3月の大通りビッセでの個展と11月に予定されていた東京新宿京王プラザホテルでの個展がどちらもコロナで中止となり、今年初、一年ぶりの個展開催ということで、気持ちの入れ方もこれまでとは比べ物にならないぐらいです。

 さて、そういう状況もあり、そろそろ妻もキャンドル制作に没頭していく時期に入ってきております。店は、今のところディナータイムを担当してくれるアルバイトが2人、妻も合わせた3人でスケジュールを分担してホールを務めてくれていますが、ランチタイムを手伝ってくれる人がおらず、毎日妻が出勤している状況です。どなたかランチタイムを手伝ってくださる方がおられましたら、ぜひご連絡いただけると大変ありがたく存じます。年齢性別不問、時給1000円、ランチタイムを2〜3時間、週2〜4日ぐらいの勤務となります。この大丸展示会が終わるまでの短期でもいいですし、そのままずっと働いていただいても結構です。店内の接客・ホール業務全般、慣れてくれば調理補助、さらにキャンドルのラッピング作業などの仕事となります。ご興味ある方、ぜひご連絡をお待ちいたしております。どうぞよろしくお願いいたします。


2020/10/20
ルルちゃんと過ごす毎日(だんな)
政府の「Go To イート」キャンペーン効果か、先週は道外からのお客様も多く、週末までずっと忙しい一週間でした。ここ最近、お会計時に「Go To トラベル」を申し込まれた方がもらえる「地域共通クーポン」というのを出されるお客様が結構いらっしゃいますが、今のところ当店ではご利用いただけません。が、一応先日、国の事業本部の方に申し込みをしまして、承認をもらいました。これからいろいろな手続きを経れば、地域共通クーポン取り扱い店として登録されることになるのですが、バタバタと忙しくしていて、なかなか腰を据えてその手続きに向き合える時間がないため、もうしばらく時間がかかりそうです。段取りがつき次第、またご報告させていただきます。

 さて、我が家には4人家族のほかに、インコのルルちゃんがおりますが、1歳半になって、だんだんとその存在感を増してきております。一応、鳥かごは用意してありますが、出入口はいつも開けっ放しで、餌を食べるときとか、ちょっとゆっくり寛ぎたいときに戻る以外は、だいたいリビングの鏡台の上で過ごし、家族が揃うとみんなのところへ来て、一緒に過ごしています。妻のことをお母さんだと思っていて、いつも妻にべったりと、まるでブローチのように引っ付いていて、ちょっと姿が見えないと、大きな声で呼び続けます。妻もそんなルルちゃんが可愛くて仕方がなく、いつも自宅で作業しながら、たくさん話しかけて、一緒にご飯を食べたり、果物を食べたり、歌をうたってあげたりして、可愛がっています。ちなみに僕は家にほとんどいないこともあって、仕事が終わって「ただいま」と帰ってきても、まったくの無視。ちょっとだけちょっかいを出そうと近づくと「チチチチッ」とかなりの剣幕で怒るし、一緒に遊ぼうとしてもまったく相手にしてくれない状態。ま、そんなでも、こうして家族と一緒にインコが暮らしてるのも、なんとも癒されます。
 いや〜インコって、ほんとにいいものですね(笑)。


2020/10/02
ハチの巣駆除(だんな)
 埼玉で行われた「銀河鉄道の夜」の朗読も無事に終わり、妻もまた店に復帰しています。妻が不在の間は、アルバイトの商大生Aさんが、連日忙しい中で大活躍してくれて、大きな混乱もなく、こちらも無事に乗り越えることができました。Aさんは、もう一年以上スタッフとして店に関わってくれていることもあって、妻の役割分をほぼマスターしているし、なにより爽やかで控えめな存在感が、どのお客様からも好感を持たれていて、僕も安心して、自分の仕事をサクサクと取り組むことができています。

 「銀河鉄道の夜」の方は、朗読を務めた文学座の女優・栗田桃子さんと妻が、何年も前からじっくりと温めてきた、ふたりにとってまさに渾身のイベント。その熱意の大きさに心を打たれた、著名な演出家の鵜山 仁氏が総監督を引き受けてくださることになり、僕も録画を鑑賞しましたが、本当に、言葉にならないほど素晴らしいイベントでした。鵜山氏といえば、今現在も新国立劇場で上演中の、シェイクスピア作品「リチャード二世」の演出を務め、数々のオペラ作品で栄誉ある賞を冠された、日本を代表する演出家のひとり。その鵜山氏が、この「銀河鉄道の夜」にこれからもずっと関わっていきたいと言ってくださったことは、ふたりにとって大きな励みになると同時に、なによりの宝物になったことと思います。

 さて、そんな素敵な話の後にこんな話もなんですが、先日、自宅に大きなハチの巣ができました(笑)。娘のすーちゃんが「パパ、家の裏側に大きなハチの巣ができてるから取って!」と2週間ぐらい前からずっと言ってましたが、「まぁ、人間が巣を攻撃しない限りは襲ってくることはないから大丈夫よ」と悠長に構えていました。で、それでもちょっと気になって裏にまわってみてみたところ、なんとバスケットボールの1.5倍ぐらいの大きなスズメバチの巣が、芸術的な模様でくっついていました。「さすがにこりゃ無視できできんわな」ということになり、妻がすぐに市内のハチの巣駆除の業者に電話を。
 1時間もすると業者の若い担当者が家にやってきて、「これはデカい。このデカさと高さを考えると、駆除するのにはだいたい6万ぐらいかかりますね。いやもちろんこちらも命がけですから。まぁ会社にはなんとか4万8000円ぐらいでやれないものかと交渉はしますけどね。もっとデカいのになると20万ぐらいかかるときもあるんですよ。こりゃ早くとらないと近所の人も危ない。急いだほうが身のためですよ」と。 妻と「う〜ん参ったなぁ」と言いながら、「一日だけ考えさせてください」と言ってその場は帰ってもらいました。
 そのあと、妻が「でもちょっと高いと思う。他の業者にも連絡して、見積もりとって比較した方がいいよ」と、小樽市に紹介してもらった、個人でやっている人に連絡。なんと80代ぐらいのおじいちゃんで、「今からすぐ行って取ってあげるよ」というので、「お値段は?」と聞くと「1万円。」と。
 10分もすると家にやってきて、ササっとすぐに取ってくれました。「ワシはまだ刺されたことないから大丈夫。それにこの歳で刺されたって騒ぐほどのもんでもないしの、ガハハハ」。

 いや〜これからハチの巣を駆除する人は、絶対に何件か業者を比較した方がいいと思います。このおじいさん、一日に多い日は10件、少ない日でも3件ぐらい、この時期はほぼ毎日駆除してまわっているそうです。僕の晩年の仕事も見つかって良かった…。


2020/09/16
朗読「銀河鉄道の夜」まもなく (だんな)
 総裁選も終わり、新総理は菅さんに。鳥取出身の僕はなんとか石破さんに頑張ってほしい気持ちはありましたが、派閥選挙となると、最初から勝ち目はなく、結果もかなり厳しいものとなりました。ともあれ、2位以下に5倍の得票という、十分過ぎるソーシャルディスタンスを空けての当選ということで、菅さんにはこれから頑張ってほしいと思います。

 さて、妻の方ですが、来たる9月27日に開催される、文学座の女優・栗田桃子さんとのコラボレーション、朗読「銀河鉄道の夜」のために、24日から1週間、埼玉の方へ行くこととなっています。このイベント、埼玉コミュニティセンターという会場となりますが、発売数日でチケットは完売、大いに注目を集めたイベントとなっています。ニューヨークのシンガーソングライター/ピアニストのフランク・ウェバー氏が劇中の音楽をすべて作曲・演奏し、文学座の重鎮プロデューサー・鵜山仁 氏が全体の構成を担当。そしてステージに映し出される背景を、妻がワックスアートで創り上げたという、4者の英知が見事に結集した、相当な力作となっています。1年以上も前からアイデアを出し合いながら、ようやく完成に辿り着いた作品だけに、「朗読」の概念を遥かに超越した、音楽とビジュアルが聴衆の頭の中を3D化させる、本当に素晴らしいイベントとなりそうです。いつかは札幌でも開催したいとの思いがスタッフの中にあるようなので、ぜひそんな日が来るのを楽しみにしていただきたいと思います。

 


2020/09/04
バイトの女の子が卒業(だんな)
 9月に入っても暑い日が続いています。先日、昨年の9月から店のスタッフとして働いてくれていた高校生のRさんが、大学受験勉強に集中するため、1年務めた当店から卒業していきました。

 Rさんにとっては、人生初のアルバイトだったというのに、初出勤の日からいつもメモを携帯して、どんな小さなことでもメモをとって、すぐに妻の代役をこなせるようになっていきました。勤務中はゆっくりと休むこともしないで、常に動き続けて、「もう時間だから帰っていいよ」と言っても、自分の勤務時間内の洗いものを全部終えるまで、食器洗浄機を動かし続けていました。仕事面だけでなく、性格も明るくほがらかで、どんなことにも誠実に向き合う人でした。妻ともいつも、「こんないい子と出会えてよかったね」と話していましたが、受験勉強のために5月いっぱいぐらいで終わる予定を、「ここで働けないのは寂しい」と、8月末まで延長して頑張ってくれました。

 Rさんが店にこなくなって、その存在の大きさに気づいたし、あんなにいろいろとやってくれていたのに、もううちのスタッフじゃないんだな、と思うと、とても寂しい気持ちが迫ってきました。

 その後、お礼の手紙を送ってくれて、そこには、この店は自分にとってのもうひとつの家みたいな場所だった、と書かれていました。そして、大学に合格したら、たとえ小樽から離れても、またここで働きたい、と書いてありました。
 常連のお客さんからも好かれ、信頼されていたRさんだけに、娘のように接していた妻もまた一緒に働ける日を楽しみにしているし、僕を含むおっさん連中も、その日を楽しみにしております。


2020/08/24
25日(火)はお盆の振替代休(だんな)
 先日放送された「タカトシランド」の影響で、営業時間中はほとんど満席(不使用テーブル席あり)の状態がずっと続いています。さすがにデミグラスソースが鍋の1/3ぐらいまで減ったり、食材がなくなったときには、営業を途中で打ち切ることもあります。
 ただ、来店される方々は、常連の方々も含めて皆さんがテレビをご覧になっていて、とても喜んでくださっていて、本当に嬉しいです。電話やメールもたくさんいただいて、改めて、タカトシランドは凄い番組だなぁと思いました。中には、3年ぶりぐらいに来られた方から、「いやぁ、あんたのことすっかり忘れとったけど、テレビで久しぶりに思いだしたから来たわ」なんてのもあったりして、これを機に僕らの店を思い出してくださった方も多いと思うし、本当に良かったなと思います。これからも、ひとつひとつしっかり頑張ってやっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、明日の火曜日ですが、お盆の期間も休みなく営業していたこともあって、久し振りに代休をいただきたいと思います。ゆっくり休んで、趣味の日曜大工でもしながら、また鋭気を養ってまいりますので、ご迷惑をお掛けいたしますが、なにとぞご理解のほどお願いもうしあげます。


2020/08/10
8月14日(金)「タカトシランド」(だんな)
 先日、テレビの取材があり、今週金曜日よる7時から放送の「タカトシランド」で放送されることになりました。お時間のある方はぜひご覧いただけると嬉しいです。
 取材には、タカ&トシのトシさんと、元プロレスラーの佐々木健介さんが来られて、料理やキャンドル、僕ら夫婦のことなどについて撮影されました。僕は大学時代「プロレス研究会」だったこともあり、佐々木選手の大ファンでもあったので、取材のあともいろいろとお話させていただけて、本当に夢のようでした。腕回り50センチという剛腕も見せていただいて、人間、鍛えるとこんな凄い体になるんだなぁと、あ然としながら感動しました。どんな放送になるのかはわかりませんが、いい形で放送してくれたらいいなと思っています。ただ、僕らは仕事中の時間帯なので観れないのと、自宅のテレビに録画機能もついてないので、多分僕ら夫婦は観ることはできないと思います。またご覧になった方から感想を聞かせてもらえるのを楽しみにしております。

 お盆に入り、店も連日忙しくなっていますが、コロナの方は僕の実家の山陰でも猛威を振るっているらしく、これからますます大変なことになっていきそうです。気を緩めることなく、店の方は対策をしっかり講じてやっていきたいと思います。


キーワード



このページ212




[HOME]